同級生が上司という職場で働く悩みは多い

実力主義の職場で常に競争を強いられることに疲れ果てたので、給料が少なくても伸び伸びと働ける会社に転職したい想いが日に日に強くなりました。ハローワークを通じて希望が叶いそうな会社に入ることが決まったのですが、配属先が決まった日には複雑な気分になったのです。
Read more »

スーパーバイザー、店舗指導に転職するコツ

スーパーバイザーとはコンビニエンスストア等で募集している店舗指導員のような仕事です。 Read more »

マミーのための雇用サイトを活用しよう

女性が雇用熱中を始める時や、雇用に対して検討したい時折、インターネットの求人ネットで報告コレクションをするといいでしょう。雇用熱中に役立つ報告が数多くあるネットはたくさんありますが、何より女性の雇用ネットが適しています。おばさんのために運営されている雇用ネットには、女性が活躍できる就労の報告が厳選されて掲載されています。 Read more »

人生の転機は思わぬときに突然やってくる

人生の転機が近づいてきました。私は愛知県在住で、本社が東京にあるIT企業に勤めていますが、このほど客先常駐の形式で参画しているプロジェクトの契約が切れ、他のプロジェクトに移ることになりました。
Read more »

精神科に転職してよかったこと

精神科に転職してよかったことは、専門性が高くてやりがいがあるところです。精神科というと、何となく特殊なイメージがありますが、とてもやりがいがあります。 Read more »

就職面接で聞かれる質問について

就職面接の終わりによく聞かれる事に、何か他にありますかという質問があります。

就職面接ももう少しで終わるという状況下で投げかけられるこの手の質問に対しては、気の緩みもあって特にないですと答える人もいます。

質問をできるところで質問をしなければ、ひどくもったいないことをしたことになるでしょう。

自分の熱意を相手に伝えるまたとない機会をふいにしているのです。

面接を受けに来た人が、仕事内容や業務のあり方についてどれだけ自発的に考えているかを会社は知りたがっています。
Read more »

派遣の求人から正社員へ

正社員として新卒で大学などの求人情報をみて採用され定年まで勤め上げる終身雇用制度が当たり前の時代は終わりを迎えました。

転職がタブーされる見解なども、もはや影を潜めています。

今の会社で自分が必要としている技術を磨き、ある程度の知識や経験を得た上で、より自分を厚遇してくれる正社員の求人を探すという転職を実践する人も増えています。

実際正社員として働きながら求人情報をこまめにチェックし転職活動を行なうにはかなりの根気が必要となります。
Read more »

福祉業界から教育業界へ

大学を卒業してすぐに福祉業界で働きました。具体的な仕事内容としては、利用者さんの生活支援でした。着替え、食事の支援、作業などの手伝いなどです。
Read more »

退職を決めたら

退職を決めた時にはすみやかに直属の上司(病棟師長)に報告する様にしましょう。軽々しく看護部長や同僚に退職をほのめかす言葉をいうのは避けるようにしましょう。 Read more »

転職する理由の重要性

誰しも最初に就職した職場がとても快適で収入も良く、安定して定年まで勤務できるのであればそれに越した事はないと思うでしょう。
しかしそうした日本の伝統的な終身雇用制度の伝統も新自由主義とグローバル化の波に飲まれ既に風前の灯です。
Read more »