新卒で就職活動をしてみて

大学生活を振り返るとやはり楽しいという思い出しかないなとふと思ってしまった。 Read more »

看護師学校

1.国家試験より難しいという話もある
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。
Read more »

情報はタダの時代?

最近では、多くの専門業種の転職において、専門の転職支援サイトというものが存在しています。医者や、看護師、薬剤師、保育士、介護関係など・・・。このような転職支援サイトは有効なのでしょうか? Read more »

看護士の求人情報

1.数は多いが希望に合ったものは?
看護士の求人情報は豊富にありますが、希望通りの条件の求人がある訳ではありません。
看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。
可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。
Read more »

平均年収

1.公務員はもっと高い
全国での看護師年収は平均すると、437万円ほどです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。
Read more »

産業看護師

1.産業看護師とは
産業看護師は健康にはたらけるように従業員に保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業紹介所で見つけるのは不可能でしょう。
興味のある方は看護師専用の転職HPを利用してください。
Read more »

今後どうなりたいか

看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。看護師の役目で重要な事の一つに夜間勤務があると言う事があります。

 

医療機関では夜中でも患者さんの病気の状態が急変する事も少なくありません。それに備えるために看護師には夜間勤務が存在するのです。

 

といっても、看護師にとって夜中の勤務と言うのは健康を害しやすくなるため、、負担が大きすぎると言えるでしょう。

看護師が転職をうまくするには、これからのことを考えて早めに行動することが重要です。

 

また、何に重きを置いて考えるのかを考えておきましょう。今後どうなりたいかを明りょうにして、その考えに合った転職先のデータを少しずつ収拾してちょーだい。

 

 

収入、職場の環境、企業看護師の給料、勤務の形態など、自分にとって譲れない条件も頭に置いておきましょう。

 

ネットと転職

1.インターネットのサイトを使って転職
ナースがしごとを変えよう思うときは、インターネットの求人サービスを利用するのが便利です。
ナースむけのしごと紹介は、職安や求人雑誌には載らない場合も珍しくありません。
Read more »

看護師の国家試験の受け方

1.看護師になるには国家試験合格しないと
看護師の資格を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、突然、試験をうけることは認められていません。
試験をうけるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して学ぶことが必要なのです。
Read more »

転職先を探す

1.新しい勤務先をリサーチ
看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、契約内容でどのような点を大事にしたいのかをとりあえずリストアップするのがよいでしょう。
ナイトナースはできない、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個人個人でシゴトへの要望は異なります。
Read more »